己の体調が思わしくない時です

パソコンの。ティファニー リング

前でいつも動いている為替相場を見ていると、直ちに売買をしなくてはいられないという抑えようの無い感情に追い立てられる事も多いです。車査定 熊谷市

だがしかし、なんとなく感覚でトレードするのだけは断じてしてはいけません。栃木県の火災保険見積もり

ご存知の通り、外国為替市場は1日中いかなる時でも外国為替市場は開かれているし相場も常時動いています。浦添市で空き地はいくらで売れる?

しかしながら、立て続けに取引を重ねているとそれだけ損失を被る可能性が高くなってしまいます。脱毛器おすすめ

当然の事ながら、注文の数を増やすことによって、だんだんと勝利する確率か50%、50%になります。ナースバンク 井原市

でもそれは「漠然とした勘で売り買い」することとは別の話です。相続登記

売買回数を積み重ねるというのは、自分自身が「ここだ!」と考える勝算を持ったケースでの売り買いの回数を増やすという意味です。40代以上の包茎患者の割合

何となく、休む間もなく売買を積み重ねるのとは違う。アコムマスターカードのリボ払い増額方法は?【手続きと手順】

市場の勝負にi挑むには自分が緩急をつけることが必要です。瓜破斎場

「ここで勝負」とよく考えた相場の時には、迷うことなく保持ポジションを積み増して、意識して儲けを求めます。

「少し分かりにくい市場で、どう動くのか考え付かないな」と考えた時は、諦めて所有ポジションをひとつも残さないで見切りをつけて何もしません。

このぐらいのメリハリがあったほうか結果的には取引は勝利します。

為替相場の名言には「休むも相場」というものがある。

実にその通りです。

為替とは、いつでもポジションを所有する事が肝心な事ではなく、どれも持たないで静観していることもFXです。

そうであるならば、どういう時に、休む必要があるのでしょうか。

第1に考えられるのが、前述したように、これからの市場が明確に理解できない時です。

ここから高くなるのか安くなるのか明確でない時は、何も考えず行動すると、自分の作り上げた筋書きとは逆に市場が向ってしまい、損する事になってしまいます。

そのため、そんな時はポジションを整理して、そのまま黙ってみているだけがいいと思います。

もうひとつは、己の体調が思わしくない時です。

体調と為替相場につながりがない考える投資家もいますが実際には考えている以上に関係あります。

体調が思わしくなければ、相場の判断しなければいけない状況で必要不可欠な決断ができません。

気分が乗らない時は、市場から離れる事も大事な事です。

コンテンツメニュー