個人でインターネットオークション出品

車処分をする上でこのところ流行っているのが競売での個人間取引です。77-1-147

競売の利点はなんといっても、車の買取業者や下取りに出すより高い価格で売ることが可能という点です。77-19-147

売却をする愛車の買取相場を調べて、物足りないと考えるのでしたらネットオークションに出品することでそれよりいい額で売買するということが可能ですが、ただしちょっと面倒なのが負担のひとつといえます。77-17-147

個人でインターネットオークション出品をする時は、通常のオークションサイトを選ぶのではなく、中古車専門サイトや中古車業者が利用している場所でオンラインオークションに出すことが望ましいでしょう。77-8-147

そうしたページを利用することで、何種類か出品テンプレートがありますのでそういうものを使って文字を打ち込んでいくことによってスムーズに利用していくことが可能です。77-18-147

インターネットオークションに出すコツとして、車は画像がもつ印象は大切です。77-6-147

画像によってユーザーは意思決定をすると言っても過言ではありません。77-12-147

手放す車の写真は車両の外装はもちろん、カーオーディオ、メーターパネル等の内装も詳細に掲載するとプラスに働きます。77-3-147

それから車両の納品後の苦情をできるだけ防ぐ方法のひとつとして凹みや傷、汚損などがある場合は説明が必要な個所を残さず写真を見て判断できるようにしてください。77-13-147

中古車を売るケースでも同様です。77-2-147

それからオプションとしてレーダー探知機やマフラーカッター、ブレーキホースやヘッドライト、ショックアブソーバー、メーターパネル、リアスポイラーというような改造用部品が付いている場合もアピールポイントを記載したうえで写真を準備しておくと良いですね。

ETCや車高調整キット、インタークーラーやサイレンサー、ヘッドライト、等の車外パーツは人によっては、かなり魅力的です。

ネットでのやり取りの中で車の売却後のトラブルを防止する意味でも、修理をした痕や不調箇所などがあるなら、絶対に詳細に記載するようにしてください。

自分でネットオークションに出すのが難しいならば、インターネットオークション代行業者という業者がいますので、業者にに依頼するという方法もあります。

一般的なオークションではなくって自らの愛車を専門業者が集うオークションサイトに出して引き取っていただくという形になるでしょう。

手放す車の売値相場が一般的な相場ではなく専門業者間の取引相場なので普通の競売より高値になるケースがほとんどです。

インターネットオークション代行業者のマージンを差し引いた上で売値が確定してきますのでオークション代行業者の実績やコミッションによって普通の競売よりも結局売値が下がってしまう場合もあるので気を付けましょう。

オンラインオークションでは相当オークション代行業者の販売力が大きいですからノウハウを持っているところにお願いするのが大切な点だと思います。

オークションサイト絡みのトラブルは、委託関係になるので比較的少ないと言えます。

どのようなネットオークションでも同じですが自らの売る車に関して不利になること(傷、へこみ、修復歴など)を隠していると、場合によっては訴訟になることも考えられます。

自らの手放す自動車の詳細はしっかりと掲載するようにする必要があります。

コンテンツメニュー

77-10-147 77-11-147 77-9-147 77-5-147 77-20-147