一方で自動車税でしたら既に支払った額

自動車重量税、別名重量税とは日本の車もしくは海外の車等車の国やエコカー、セダン等自動車の形も関係なく、例えば、ホンダやフォルクスワーゲン、などでも通常納付しなくてはいけない税金なんです。80-18-147

新車登録の際、もしくは車検の際に納税が必要になるお金なのです。80-13-147

この税額はそれぞれの車のウエートで決められています。80-19-147

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は完全に違う税金ですから基礎を理解して混同しないようにする必要があります。80-14-147

「自動車重量税とは自動車の車重毎に」「自動車税というものはリッター数毎に」税額が変わってきます。80-12-147

それにより、買取する場合の扱われ方異なってきますし注意しなければなりません。80-4-147

自動車を買い取ってもらうときには既に納めた金額がいくら残っていたとしても、その額が還付されるようなことはありませんが、一方で自動車税でしたら既に支払った額を買取金額に乗っけてくれるといったことがなくはないですが、重量税については上乗せしてくれることはほとんどないのです。80-2-147

重量税は、車を手放すときに支払った額が残っていると言っても中古車の買い取り専門業者の方でそのことが考慮される場合はほとんどないです。80-20-147

ですのでその次の支払い、分かりやすく言えば車検に出すまで処分するのを少し保留し買い取りを依頼するという方法が一番良いです。80-15-147

自動車の売却時は考慮されない重量税でもある事例だと還付されることもあるのです。80-5-147

これに当てはまるのは、次の車検までの期間が残ったままのクルマを廃車処理する場合です。

要は廃車申請をした際に残っている期間に応じて重量税が返金されます。

しかし、中古車の売却時はその中古車が廃車されるわけではないので返ってきません。

それから自動車の名義の変更をしてしまったケースや盗まれた場合も返金してもらうことは不可能です。

重量税の残っている期間があるクルマを売却するということは車検期間がまだある自動車ということと同じです。

その辺りを店側も考慮しますから重量税の残存期間があればある程度買取額が増えるでしょう。

当たり前ですが、買取額は業者により変わりますが車検期間が残っていることを計算に入れてもらえば車の売却額と比較するとあまり損をするということもありません。

コンテンツメニュー

80-16-147 80-8-147 80-17-147