ギャンブルといってもそもそも具体例の中の一つ

免責不許可事由という意味は破産を申請した人へ、これこれの要件に該当する人は借入金の帳消しは認めませんというような基準を言及したものです。牡蠣 サプリ

ということは、極言すると弁済が全く行えない人でもそれに含まれている場合債務のクリアが受理されない可能性があるという意味になります。グリーンスムージー

つまり破産を申し立て、負債の免責を是が非でも得たい際の最も大きな強敵がいまいった「免責不許可事由」ということなのです。女性 ヒゲ

下記は不許可事由の概要です。シミウス 効果

浪費やギャンブルなどで、過度に金銭を費やしたり、債務を抱えたとき。コンブチャクレンズ 成分

破産財団に属する動産や不動産を隠しこんだり破壊したり債権を持つものに不利益となるように譲渡したとき。免許更新

破産財団の負債を虚偽に増やしたとき。運転資金 借入 無担保

破産申告の責任を負うのに貸し手に一定の利権を付与する意図で資本を供したり弁済期より前に借り入れを返済したとき。福生市 直葬

前時点において返済できない状況にあるのに、事実を伏せて貸し手を信じ込ませてさらなる融資を求めたり、クレジット等にて物品を購入したとき。眉毛美容液

偽った債権者名簿を法廷に出した場合。妊活 高齢出産

借金の免除の申し立ての前7年以内に債務免除をもらっていた場合。

破産法が要求する破産手続きした者の義務内容に反した場合。

以上の8つのポイントにあてはまらないことが条件と言えますが、この内容だけで具体的な案件を考えるのは、ある程度の経験と知識がないようならハードルが高いでしょう。

それに加え、厄介なのは浪費やギャンブル「など」と記載していることにより分かるのですが、ギャンブルといってもそもそも具体例の中の一つでしかなく他にも実際例として言及していないものが非常に多いというわけなのです。

ケースとして述べていないことは、各状況を書いていくと際限なくなり例を言及しきれないようなときや、以前に出た裁判に基づく判断が含まれるため、それぞれの申し出が免責不許可事由に該当するかどうかは法律に詳しくないとなかなか判断が難しいことが多分にあります。

しかし、まさかこの事由に当たっているなんて思いもしなかったような時でも免責不許可の旨の判定をいったん宣告されてしまえば判定が変えられることはなく、借り入れが残るばかりか破産者という名のデメリットを7年間も負い続けることを強要されるのです。

ですので、免責不許可による結果を防ぐためには、破産宣告を考える段階でわずかながらでも安心できない点や理解できない点があったらまずは破産専門の弁護士にお願いしてみてください。

コンテンツメニュー

    Link