「現在は偏った水準にある」など

とうとうエントリーする時という局面では、何よりも事前調査をサボってはいけません。

取引を始める前であったら、出来事を合理的に調べる事が出来ます。

だが、一度取引の中に足を踏み入れるとどう試みても物の見方が主観的になる事が多く、肝心な時に適切な判断が出来なくなるリスクがあります。

そのために自身の合理的な間に、間違いない準備が大切です。

この”j事前準備”のためには、最初はあなたの物語を描くことからスタートします。

この先の為替相場は上がる(または下がる)から、ランドを勝負するといった筋書きを書いていきます。

次にローソク足チャートをチェックしましょう。

以前のマーケットの上げ下げを見て、今日の相場を確かめます。

すると、「現在は偏った水準にある」など、あるいは「すでに大方のエントリーしているから、今さらエントリーしても今となっては手遅れだな」などと判断できます。

しかけるのが遅すぎるなと思っていたら売買しないで、それは吹っ切ることが肝心。

どうやってもあなたなりのシナリオを押し通そうとして取引すると市場に跳ね返されてそれどころかマイナスになる可能性があります。

とは言ってもたいがいの場面で用意周到に自分なりのストーリー展開を作っておけば、取引が遅すぎるという場面にはならないでしょう。

おそらく、具体的にマーケットが動意づく前のはずです。

次は、まずは自身が売買しようとする外貨の変動を、ちゃんと調べる事が必要です。

仮定として円安に向うはずだというストーリー展開を描いたのであれば、ドルの動きに注目する事が大事です。

マーケットの変化を注目し始めた場面ではドル円は明確に動く兆しを見せず、多少の変動を繰り返しているだけでしょう。

だが、その変動をじっくりとチェックしていると、ある地点で着実にドル高の方向へと相場が動き始めてくる。

この場面で初めて、ドル円のトレードします。

ここまで計画さえしておけば、その取引で勝つ可能性は相当高まります。

コンテンツメニュー

    Link